So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

おかげさまで晴れました! [雑感]

早朝は雨と風が残ったものの
午後からは晴れてきて
みんなが口々に
「青空だあ」
「青空が見えてきたぁ」
と空を見上げます。

こんなに青空が、腫れの天気が
ありがたいなあと思ったのは
久しぶりのことです。

まあ、よく降りましたから。

しばらくは秋晴れのお天気になるのでしょうか?

さしたる被害は無かったですが
ベルマーレの練習グラウンドは
河川敷のために、こんな、、、。

毎度のこととは言うものの、
ちゃんとした場所にグラウンドは欲しいなあ。

スタジアムの問題もあるけどさ。

ともあれ 晴天になると
これを「良い天気」
などと言いますけど

「気持ちが良い」 天気なんですね。これって。

日照りが続けば
雨を乞い
雨が続けば
晴れを乞う
勝手なもんだな
「気持ち」なんてもんは。

いずれにしても、感謝しなくちゃ。






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

台風に十分な警戒を!! [雑感]

台風21号が これから関東地方を通過しようとしています。

みなさま、それぞれのところで
十分なご警戒を。

警戒。と言っても、「様子を見に行く」
のは自粛してくださいね。
あぶないので。

身の安全を確保してください!!。何卒。

310261-WID.jpg

タグ:台風21号
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雨 雨 降り続いています。 [雑感]

雨が降り続いています。

こんなの記憶にない感じです。
夏がようやく、と思ったところ
秋が来ないでいきなり冬。

そして雨が降り続けています。

週明けには台風も。
農作業の方々も大変でしょうね。
稲刈り前のところもあって心配な田んぼもあります。

東北ではこれから収穫のリンゴがあるんですって。
向こうの方が心配されてました。

われわれ
建設の現場も大変なことになっています。

それでも雨が降り続いています。

体調も崩しがちですから、何卒 何卒のご自愛を!

雨、小止みになってます。今は。

台風21号にはお気を付け下さい!

そして
窓を開けて手を出してみたら、
やっぱり雨が降っていました。




タグ: 台風21号
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

文化財「仏像」修復のはなし [雑感]

いやあ勉強になりました。

というか、本当に自分の少ない、というか
どんどん目減りしている「知的好奇心」が
久々に掻きたてられました。

東京藝術大学 大学院の 保存修復彫刻研究室を
お邪魔する機会がありました。

IMG_0591.jpg
そこでは、それはそれは古い
仏像などを修復などしているのですが

それのみならず
古い彫刻の「模写」ならぬ「模刻」なども
行っていて、その研究者、技術者、というか
芸術家の方ともお話をさせていただきました。
IMG_0593.jpg
IMG_0595.jpg
そこではその仏像がどのような技法で作られているのか
材質はなにか、作成意図はなにかなどなどを
調査研究しています。
エックス線でのレントゲン撮影はもとより
最新の3Dスキャナーなどでデジタルデータを作ったり

粘土の塑像を石膏化し、それをもとに
カヤの木やケヤキなど、当時の素材で彫刻してゆく
作業風景なども拝見しました。

そうすると
黒くすすけた表面を剥いでゆくと
創建当時の極彩色の地肌が出てきたり
長年のあいだに、修復されて
目の開き方など、改修されていたことがわかったり

その仏像独自の驚愕するような技法でつくられていたり
いろいろな面白さがあるのだそうです。

こんかいはホンのさわりだけでしたが
「仏像」が俄然面白くて身近な存在になってしまいました。

まえに辻仁成さんの本でしたか
西洋絵画の修復師のお話を読みましたが
数百年のときを越えて
作者と修復者が「対話」をするような
そんな場面があったのを
今回目の当たりにして、感激でした。

おもしろかったのは
修復もクライアントのリクエストで
博物館などのばあい
 「本当に埃を落とすだけ」
個人の収集家や寺院などの
「お寺にあった元通り」
(汚れや剥げなども忠実に再現)
「紛失、喪失部分を歴史を踏まえ再現」
「創建当時のまま」
「2回目の修復状態に」(こないだ陽明門でもこんな話がありましたね)
「お顔だけ まだら模様をソフトに直す」
などなど
オーダーメイドもするとのお話し。

いやあ奥が深いし
こういう方々がいらっしゃるからこそ
文化は未来へつながってゆくのですねえ。

ありがとうございました!


IMG_0597.jpg
学生さんの一例目の製作だそう(!)です。
原木もご自分で購入するのだそう。

そして
仏像をつくるような原木は
本当に高価なのだそうです。

IMG_0598.jpg
すごいです。




冷静と情熱のあいだ―Blu (角川文庫)

冷静と情熱のあいだ―Blu (角川文庫)

  • 作者: 辻 仁成
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2001/09/01
  • メディア: 文庫




冷静と情熱のあいだ Rosso (角川文庫)

冷静と情熱のあいだ Rosso (角川文庫)

  • 作者: 江國 香織
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2001/09/25
  • メディア: 文庫



nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

認知症サポーター講座 [雑感]

85歳以上の人 4人にひとりが認知症。
と聞いてまずびっくり。

そして85歳以上で何人がクルマを運転しているか、、。
ちょっと調べても
免許保持者が平成25年で40万人以上。。。

もちろん運転していない人も大勢いるとは思うのですが、、。

閑話は休題。

業界で
認知症サポーターの講習を受講してきました。

建設現場にはいろいろな方が接近してきますが
認知症が疑われる人が近づいてきた場合に。

わかったこと。
ひとつには
本人が一番悩み、苦しんでいる。ということ。

それから
頭ごなしに怒鳴りつけるのではなく、相手の気持ちに寄り添うこと。

そして
後ろからなど、見えないところから声を掛けるのではなく
その方の視界にゆっくりと入り、正面から
穏やかに笑顔で「どうしましたか?」と声をかけること。
(驚いて転倒しケガをする場合あり)

大勢で取り囲むことなく、
1人が対応。
そして
他の人が
市役所の「高齢者対策の担当」などに
平塚の場合は「高齢者よろず相談所」
などに電話で連絡。

夜間や急を要するようなときには
警察へ。

ただし無理に拘束などしないで安全を確保しつつ
「観察する」(監視じゃなくて)

というようなことを学びました。

それと
おとといの晩何を食べたか忘れるのは
まだいいけれど
食べたことすら忘れるのは「認知症」の疑いがあるということ。
でした。

あと若年性も増えているんですって。

気をつけなきゃ。ね。


IMG_0583.jpg
時折みるこのリング。
これって認知症サポーターキャラバン
っていうキャンペーンのなんだって。
こんなことも初めて知りました!

ご関係の方、ありがとうございました!


nice!(6)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -