So-net無料ブログ作成

リアル-写実-のゆくえ [湘南]

美術館が好きだ。

IMG_7137.jpg
大抵の美術館は
静謐で冷たく、人を寄せ付けない雰囲気を醸し出しつつも
それでも人に来てほしいという、変な空気のところなのですが
それが、日常なのに「いきなり非日常」に浸るには最高と思えば
リフレッシュするのには最高ですよ。



平塚市美術館
に午前中と午後と2回も行ってしましました。

いま凄い展覧会やってるんですよ。ほんとにすごいの。
で、午前中は「ちょっと時間つぶしに」覗いてみたら、午後2時からは
「担当学芸員」さまのギャラリートークがあるっていうじゃないですか!!
こりゃもしかすると 土方館長代理様のお話??
っていうんで、もう一度見に行くことに!

IMG_7141.jpg
そしたら、その「もし」が実現!
土方館長代理その人が”詳しく熱い”トークを!

高橋由一から磯江毅まで。130年の日本のリアリズムの系譜を凝縮して展示中。

あの絵も!この絵も!と「いつか見た絵」がギュギュっと。
72_1.jpg
由一の「鮭」はもちろん

Kishida1.jpg
岸田劉生の「麗子」 

hasegawa3-thumb-3336x2600-899.jpg
長谷川潾二郎の「猫」
などなど全国から一堂に会しています。

平塚を皮切りに全国4館の美術館で巡回展示するので
なんとか予算を捻出できたということだそうですが、
そこ(展覧会開催の裏話)から始まったお話は
時に熱を帯び、時に冷徹に、時に愛にあふれ

いつもクールなイメージしかない土方さんの
美術に対する秘めたる情熱が垣間見える、すばらしいものでした。

40分の予定がまるまる1時間。堪能しました。
ありがとうございました!

次回は5月13日。
そして「リアルのゆくえ展を熱く語る」というトークショーが5月21日に。
これは見たいなあ。

そしてテレビでは
日曜美術館では5月14日にリアルのゆくえ展について。
美の巨人たちでも
こんかい展示中の犬塚勉さんの作品を取り上げるそうです。

いやいや、これがわが町にある美術館でナマで直に見られるのですよ。

必見。

同時開催中の浮世絵展もイイですよ。
いつか見たあの絵がそれこそ沢山。
(神奈川沖名浪裏 は後期展示だそうですが)
今回知った作家で
川瀬巴水
これ、よかったな。

あと浮世絵って 額装展示でマットの窓の下に納めると
現代アートぽくなるけど、もうすこし良い見せ方ってないのかな?
版木と紙の関係とか、版元の印影とか見たいところが隠れてたんで、、。
ねえ。

IMG_7139.jpg

いずれにしても会期中何度か行こうっと。

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0