So-net無料ブログ作成

櫻ケ丘八幡神社 例祭で [雑感]

IMG_7326.jpg
大きな枝垂れ桜が満開を過ぎ
はらはらと花びらを落とす暖かい広場から
ほんの20メートルほど石段を登った
杉林に囲まれた御殿に
その大神様が鎮座する。

IMG_7304.jpg
お祀りが斎行される間
私の体の右側から一度たりとも緩みなく
冷たい風が吹き続けていた。

気になっていたことも
体の不調もなにもかも
この「冷たい風」以外のことは
なにも考えられない状態なのだ。

IMG_7335.jpg
なにしろ自分の鼻の右半面。ほっぺた右側が。
とにかく冷えるのだ。
右からだけの風が絶え間なく。
なんとなれば緩む一瞬さえなく。
息継ぎもしないで
杉の大きな幹を超えて、ずーっとずっと、吹くのだ。

湘南の初夏仕様になりつつあった
自分の体がうらめしい。

IMG_7364.jpg
献饌の儀も撤饌の儀もお神楽も
老若男女がそれぞれの役割を果たし
厳かに、滞りなく
祭典がつづくのだ。

終わって
石段を下りれば
また暖かな陽だまりが待っていた。

全部終わって、ふと思った。

IMG_7381.jpg
あれが、「神様が降りてきた」
一瞬だったのではなかったのか?
と。

春のこの時期
高山のこの地区では
櫻が梅が一気に花が咲き
ご祭礼のその日は鎮守様の杜に
春を告げる冷たい風が吹き付ける。

その日こそ、ご祭礼に。
その場所を祠に。
そこに大神様をお迎えしよう。

太古の昔
ご先祖様が感じた(思った?)
何かを、今に伝えているのではあるまいか?

書けば書くだけ自分の気持ちと離れてゆくけれど
人智を超えた、凄いモノに
一瞬遭い見えた経験をさせてもらった。

5月5日は
相模の國 六社が集まる国府祭(こうのまち) という大祭。

関係者のひとりとして
心して参加しようと思ったことだ。

IMG_7306.jpg




nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0