So-net無料ブログ作成

木造住宅 [住宅]

IMG_2510.jpg

最近の木造住宅は20年前(阪神大震災のまえ)に比べると
まったく違った内容になっていると、断言できます。

建築基準法をはじめとして各種規制が厳しくなったことはもちろんですが
現場の方々の「意識」が非常に高くなっているのです。

基礎工事なども「布基礎」から「べた基礎」
いまでは、ほとんど「耐圧スラブ」と言えるようなものになってきています。

アンカーボルトのセッティングや配筋の精度も非常に高くなりました。

手刻みの方がよいという話は今でも聞きますが
木材のプレカッターさんたちの能力も日進月歩です。

問題があるとすれば「大工さんの高齢化」
ではないでしょうか?

若者にとって魅力ある職場、職業にしていかなければ。

そうしないと
技術の伝承はもちろんですが「意識」や「スピリット」
「プライド」や「誇り」、「マナー」や「心意気」 

「木遣り」のような
「番匠」の時代から連綿と続いてきた「伝統」
が危ういのです。


大工さんの仕事を黙って見ているのは子供のころから大好きです。







タグ:木造住宅

温故知新 [雑感]

もうかれこれ10年前の写真ですが、、、、。
hatudouki.jpg
これ。何だと思います?

石油発動機。いわゆるエンジン。です。
クボタ製。
これ、弊社倉庫に永らく(きっと50年以上!)
放置されていた「発動機」でして、
倉庫の大掃除の時に「処分しよう」ということになり
「しかし、古いものなので、どこかに欲しい人がいるかもしれない。」
ということで
まずは、メーカーに問いあわせをしました。
福岡クボタ農業機械歴史館(当時)
http://www.fukuokakyushu-kubota.co.jp/museum/index.html
にマニア(!)の方をご紹介いただき、もらっていただきました。

いまは、九州に行っておりまして
各地の「運転会」(!)で元気に動いているようです。

<例によってご参考>
http://plaza.rakuten.co.jp/echizenn/diary/?ctgy=19
http://hatsudouki.com/annai2.htm


きっと、購入当時は貴重な貴重な機械だったことでしょう。
すべてを人力でやっていた時代に
力強く回るエンジンがあれば
水を汲んだり、ロープを引いたり、いろいろなことに
とても便利に使えたことでしょうね。
いくらくらいの値段がしたのかわかりませんが
途方もない金額だったことでしょう。

それで、先人たちが捨てるに忍びなく
さりとて使い道もなく放置されていたものを
マニアの人たちが大事に後世に伝えてくださる。

ありがたいことです。

とかく古いものを廃棄して
(理由はいろいろあれど)
新しいものに置き換えれば「補助金を」とか言って
どんどん、過去の遺物を葬り去る、昨今の現状を
少しだけ憂います。

この「少しだけ」に
小生の小生たるところがあるのだ。と何卒お察しください。

YOUTUBEにも沢山!の動画が!
その一つを

3馬力ですって。








タグ:石油発動機

合唱コンクール [雑感]

とある学校の「合唱コンクール」に行ってみました。
合唱部のコンクールではなくて、クラス対抗の、です。

正直に言って期待していませんでした。
小学校の「学芸会」に毛が生えたといったら失礼ですが
ある意味「その程度」と思っていました。

結論を言えば
ものすごい。
良いものを見せていただいたというのが
率直な印象。

驚いたのは
いわゆる「伴奏」のピアノを
男女半々くらいで担当。
男子生徒は聞くと、「あの子は卓球部」
「あの子は野球部」「テニス部」、「サッカー部」
と「いわゆる音楽、文化系」の子じゃない、ってこと。

みんな、小さい頃から
お稽古事で鍛えられているのですね。
どのクラスにもピアノ弾ける男子が2、3人は必ず
いるのだそう。

僕たちの子供の頃は「伴奏」というと女子。
それも、普段目立たない系のお嬢様が多かった気が、、。



4月から、課題曲と自由曲を練習してきたのだそうですが
これが上手い。
コンクールなので
勝負を決めるわけですが、伴奏のピアノのタッチミスが
勝敗を決するのか?というほどのレベル。
ま、1年生はそれほどでもなかったですが
3年生ともなると、それはそれは聞き惚れたり
感動のあまり目頭をハンカチで押さえて、、。


いや、本当に失礼いたしました。
若者。
捨てたもんじゃないです。
脱帽。




IMG_3442.jpg

場内写真撮影は禁止されておりました。






富士山が見えない!! [湘南]

毎日晴天で暑いです。(いうまでもなく)

私など、あまり気にも留めておりませんでしたが
遠くからいらっしゃる方には「富士山」が眺められるこの辺りの景観は
すごいことだそうです。

知人が、「遠方からの来客に富士山をお見せしたいのに」
「どうしよう!最近富士山が良く見えない!」
と心配しているので、
「こんなに良い天気なのに?」「うそー?」って
見えるはずの場所に行ってみると
IMG_3446.JPG
実際見えませんね。左端の山すそ辺りにみえるはずなのですが、、。

夏場は霧とか、靄(もや)とか、雲がかかったりして、
良く見えない日が続くみたいですね。
知りませんでした。

夕焼けに西の空が染まる頃には
シルエットになった富士山は見えるようですよ。
IMG_3449.JPG
これなんですが
IMG_3448.JPG
わかりますか?

以下は<ちなみに>ですが。
静岡県は富士市のライブカメラ
http://www.city.fuji.shizuoka.jp/livecamera/fujiyama_still.htm

スライドショーをどうぞ







タグ:富士山

スチールハウス [住宅]

弊社で施工中のお宅です。
完成すると「木造住宅」と変わらない外観・内装が実現します。
JFEのフレームキットを採用したお宅です。
http://www.jfe-kouhan.co.jp/products/frame_kit/index.html

IMG_3378.JPG


前述のホームページからの引用ですが


「JFEフレームキット」は、木造軸組工法(在来工法)の柱、梁、筋交、土台などを鉄骨に置き換えたものです。
防錆性能にすぐれた鉄骨のため、高い耐震性と耐久性を実現(劣化対策等級3)。
自由度の高い設計、容易な施工、1棟毎の性能表示など、次世代の住宅にふさわしい機能を備えています。


というものです。
IMG_3374.JPG


火災保険加入に際しても「鉄骨造」扱いとなるため、有利だったりします。

あの、木造には木造の良さもありますので、木造を否定しているわけではありません。
現在も作っていますしね。(念のため)

木造の良さと鉄骨造の良さを兼ね備えた建物。
といったところでしょうか。

こんな建て方の住宅もありますよ。というお知らせです。
「住宅」ジャンルのブログなので、、、、。

いつも「雑感」とか「湘南」とか多くてすいませんです。

ご興味おありでしたら
いつでもお気軽にお問い合わせくださいませ。