So-net無料ブログ作成

たとえば たとえば [雑感]

「おれは、一個も」
「これまでひとっつも」「オヤジギャグとかダジャレなんか言ったこともない」

「いや、バカにしてるんじゃなくって、思い浮かばないんですよ」

っておっしゃる、エンジニアの方からお言葉をいただきました。

「ひとつ、アドバイスというか忠告っていうか、聞いていただきたいんですけれどね」

「比喩。たとえ話が多すぎません?」
「その出来事そのものを、端的に、事実のみをお話して下されば」
「十分理解できますし、楽しいお話なんですよ」
「そうすれば、もっと良いと思うのですよ」
(最後の言葉は少しだけ慰めも入っているのでしょう)

しかし

かなり良いアドバイスを頂いたな。と思っているのです。
ありがたいです。

ですが、ですね。
私って実際、「ひらったくいうと」ってすぐ口走るし
というか
「たとえ話で理解する」
しかダメなんです。

自分がすでに知っていること。
に、あてはめて考えるしかない人間なんだなあ。

ということを再確認させていただきました。

へたすると
二つぐらいのたとえを並べるのも平気の平左。

すこしかんがえないとなあ。

それとね

オヤジギャグとかダジャレとかって
「語感」とか「韻を踏む」とか
無理くり考えなくっても
ふとしたところでパッと思ってしまうのですよ。
なんでもないところで
急に。

で、それを口にすると
相手が笑って下さって、アイスブレイクとか
良い関係が築けるのかなあ。と。

信じて疑わなかったのです。

一方
数字が理解できない。
ボリュームでつかめない。
数字だけ
10
100
と並んでると
10が10個並んでいる姿をイメージしないとダメなんです。

いいえ、そういうのは
理解しづらくするために
わざと数字でみせるのか?って、感じてしまうのです。

グラフとかも
「ビジュアルで嘘をつかれる」感がぬぐえません。
たとえばこれとか自分でわかるものに置き換えないと。
(またたとえた!!)(だめじゃん)



とはいうものの
心に残るアドバイスを
ほんとうにありがとうございます。

もうね。
この歳になるとお言葉頂くこと。少なくなりますものね。

で、どうする??



地震がありました [BELLMARE]

IMG_2896.jpg
久々に広島の皆さまを平塚にお招きしてのホームゲーム。

IMG_2898.jpg
今日は、暑い暑い一日でしたね。
でもここで夕涼みをするのが、最高の贅沢。

IMG_2901.jpg
エンジンダッシュ!!!

IMG_2902.jpg
途中、スタンドもざわつくような
長くゆっくりとした横揺れに見舞われ試合がしばらく中断

こんなこと10年以上サッカーを見ていますが
初めてのことでした。

結局試合はスコアレスドローで終了しました。

公共交通機関が止まってしまったので
皆さまの帰りの足は大丈夫だったのでしょうか?

みなさまお気をつけてお帰り下さいね。



ミシュランガイドとおばあちゃんの味と [湘南]


ミシュランガイド横浜・川崎・湘南 2015 特別版

ミシュランガイド横浜・川崎・湘南 2015 特別版

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本ミシュランタイヤ
  • 発売日: 2015/05/22
  • メディア: 単行本



これに、平塚のお店が複数掲載されました!
おめでとうございます。
とくに
個人的にもいろいろお世話になっているところの

メゾンドアッシュエム さん
マリールイーズ さん

どんどん素敵な場所が!うれしいですね!
おいしいモノに目の無い私には、うれしさも一入。
しかし今後は予約が取りづらくなりそうな一抹の不安も、、、。

「おいしいもの。」

そんな言葉を書いていると
ふと思い出したことが。

同じものは星の数ほどあるけれど
2度と食べられない味のこと。

ひとつは、「酒まんじゅう」
相模原に「当麻」という集落があるのですが
そこの、とあるおばあちゃんが作ってくれていた
珠玉の逸品。

それと
平塚のおばあちゃんが作ってくれた
「けんちん汁」
大鍋で何日もかけて作ってくれるのですが
同じ味には絶対にめぐりあわないのです。
「けんちん」の語源「建長寺」境内の高校出身の私としては
永遠の憧れの味ではあります。
山門横の「鉢の木」さん
が上記ミシュランガイドに
掲載されてはいますけど、たとえこのお店でさえも
私の舌を満足させてはくれないでしょう。

ああ、おばあちゃんの味。

バイマーヤンジンさん [雑感]


幸せへの近道 ―チベット人の嫁から見た日本と故郷』

幸せへの近道 ―チベット人の嫁から見た日本と故郷』

  • 作者: バイマーヤンジン
  • 出版社/メーカー: 時事通信社
  • 発売日: 2014/11/29
  • メディア: 単行本



機会があって読んでみました。
バイマーヤンジンさんです。

チベットから日本に嫁いで来られた方です。

教育が、教育こそが日本を成長、発展させた。
と看破され、自分の故郷に小学校、中学校を作ったのだそうです。

彼女が言います。

日本というところはなんと幸せな国なのでしょう!!と。

それを我々は全く感じていない。
戦後の焦土の中から先人の方々の努力で
こんにちの日本が完成されたのです。

外国からいらした人には、うらやましい国なのです。

そんなことを痛感した本でした。




ツツジ満開です [花と植物]

いま、良い感じで咲いています。
IMG_2809.jpg

昨日今日とほとんど「夏」な湘南です。
僕は、5月中はネクタイをして過ごそうと思ってはいるのですが
なんともはや暑いですね。

IMG_2810.jpg
暑いので、それどころじゃないのですが
街路樹のツツジ(躑躅!むずかしすぎ!!)が
見頃を迎えています。

日々暑いです。
ご自愛を!!