So-net無料ブログ作成

ありのままの私 [雑感]

いろいろあって。
そのなかでも(いろいろのなかでも)とくに「時間」が
あったので、各方面にご無理申し上げて
ちょっとした旅にでました。

ひとり。で。

いやほんと、トラベル、でもジャーニー、でもない
小さな、そう、「おでかけ」ですかね。

ごく近所だもん。

一冊本を持って(出先で読むことはまずないんですが)
目的地は2か所。

泊まるのも 民宿で温泉のあるところ。

できれば良い景色と、人が少なく、空気と食事がおいしい。
そんな場所がないかな?

と探してたら あるんですねえ。これが。
どちらも facebookのコミュニティページで知りあった方のところ。

よかったです。

そんなことの備忘録を。

今回は持って行った本のことを。
これね。みんなに読んでほしいなあ。




ありのままの私

ありのままの私

  • 作者: 安冨 歩
  • 出版社/メーカー: ぴあ
  • 発売日: 2015/07/30
  • メディア: 単行本



安富歩 先生の ありのままの私

まったく知らない先生だったのですが
ラジオか新聞か雑誌かネットか 情報源が思い出せないのですが
心に引っ掛かることがあって、つまんない本だとアレなんで
図書館で借りてきて。(失礼)

読んだらとまらなくなっちゃって一晩で読了。
というかもう一度読むことにしたし、もう「買おうかな」という勢い。

この方 写真で見たりするといわゆる「そっち系」?って人なんですが
「女性装の男性」で「東京大学の教授」。
しかし
いや、ほんと、そんなこと超越して深ーい内容。
それでいて読みやすい。平易な文章と飽きさせないエピソードの数々。

驚くことに
この本にはお二人の知人が!!

ひとりは平塚市議の江口友子さん。
ひとりは写真家の山田哲也先生。

なんだか急に親近感が沸いちゃって。

そして、さすが「教授」だけあって、次に行くべきところ、読むべき本、尋ねる人
などなど、沢山の資料も満載。

タネ明かしじゃないけれど、
あとがき「おわりに」の一節を。
------------
「ありのままの私」というタイトルですが、この本のなかに、ありのままの私が
描かれているわけでは、もちろんありません。
そんなことは、人間には不可能ですから。
------------
深いでしょ??

行った場所は
IMG_5594.jpg

こんなところ。




nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: