So-net無料ブログ作成

この景色 見られなかった先人に [建築]

そんな平塚青少年会館ですが
IMG_0957.jpg
いまは、こんな感じです。

IMG_0958.jpg
木々が繁り、林の中の素敵な建物になっていますね。

IMG_0961.jpg
その全貌は 大木にさえぎられて見渡すことは出来ないです。

IMG_0962.jpg
先人の植えた木々は

春先には新緑を 美しい花々を
夏場には木陰を
今の時期には紅葉を
そして
冬晴れの日には枯れ木の長い日陰を

それぞれ すばらしい風情を見せてくれます。

ここには本当に荒涼たる工場跡地があったのです。
私も子供でしたがおぼろげに覚えています。

ここを「文化公園」にしよう
という強い意志をもって
市立図書館 県立の青少年会館
プラネタリウムを備えた博物館
教育会館 そして 道をはさんだ向こうには美術館まで整備されました。

あまたの智恵、もちろんお金
いろいろな方々の努力と汗の結晶の上に こんなすばらしい場所になったのです。

先人のみなさまに感謝します。

いや簡単に◎◎市長とか
お役所の誰某とか
ウチのお爺さんとか
そんなことじゃなくて、あまたの先人のみなさま。にです。

僕も50年後
誰かに思いを馳せていただけるように
若木を植え
建物を造ってゆきたいものです。

この景色見られなかった先人に
未来に集う人々に
私は何をお見せできるか?








nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

平塚青少年会館の開館時パンフレット [建築]

古いパンフレットもありました。
EPSON141.jpg

思えば、神奈川県立 だったのですねえ。

EPSON142.jpg
総工事費 1億50万円
今で言うといくらくらいなんでしょうね?
調べたらこんなの。が。
【物 価】(昭和46)
かけそば 100円   らーめん 180円   ビール 140円  
コーヒー(喫茶店) 120円   封書 15円  はがき 7円
学生アルバイト時間給 230円   週刊朝日 80円
朝日新聞・朝夕刊セット月決め 900円
その時代。

EPSON143.jpg

楽しそうなところですね(?)

EPSON144.jpg
裏面には見取り図が。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

古い竣工写真 [建築]

EPSON136.JPG

明治20年11月28日生まれの
私の曽祖父 成瀬幸兵衛
が83歳のときに、この銅像を寄贈したようです。
昭和46年(1971)と写真の裏面には書いてあります。

EPSON137.JPG
下書きと思われる薄紙もありました。
今も、現地にあるようです。

現地というのが
EPSON132.JPG

ここなのですが
EPSON133.JPG

どこだかわかりますか?

EPSON134.JPG
当時は回りになにもないですが

今では
素晴らしい緑に囲まれています。

EPSON135.JPG
平塚市 青少年会館 の竣工当時の写真です。





nice!(9)  コメント(1) 
共通テーマ:地域

相馬工業 さん [建築]

湘南ひらつかテクノフェア 2017
http://www.shokonet.or.jp/hiratuka/techno/
に行ってきました。28日の土曜日まで開催中です。

今年は弊社は参加しておりません。為念。

今回特筆!

IMG_0815.jpg
相馬工業さま。

IMG_0817.jpg
社長様と奥様。
明るい。仲良し夫婦。
社長様は汚れ仕事にもかかわらず、全身白の作業着で
年間通して仕事をするのだそうです!
すごい。

汚さないのもウデのいい職人の証だそうです。

IMG_0818.jpg
今年は 仲間とリトアニアの杉原記念館の塗り替えに行ったのですって

すごい! 良いことしましたね。

リトアニアは 杉原千畝といえば シンドラーのリストと並ぶ
ユダヤ人の命のビザ として有名なお話です。
その記念館
リトアニアのカウナス市にあります。
もう古くなっているので、手入れが必要とのことで
当時 ユダヤ人を迫害した ドイツからセメントなどが運ばれ
左官工事が。
そして日本チームが塗装をしたのだそうです。

ドアツードアで23時間かかり
慣れない建材と厳しい工期。
そして無情の雨にもたたられながら
無事綺麗に完成させたのだそうです。

IMG_0820.jpg
その名も塗魂ペインターズ。
http://www.to-kon-painters.com/

2020年には 平塚でリトアニア選手団がキャンプします。
その前にもテストキャンプがあるとか。

すばらしい国際交流ですね!





見学したときに
相馬社長さんとお話ししたんです。

「僕が杉原だったら。」って。
「きっと、規則だから、ダメです」。って。

杓子定規にビザ発給なんかしなかったはずなんです。
ああ、いやなヤロウだ。>俺。
なぁ。ふぅ。

戦後しばらくは
杉原氏は不遇な境遇だったそうで
名誉回復は2000年。杉原氏生誕100年目のことだそうである。
(上記wikiによる。)


杉原千畝と日本の外務省―杉原千畝はなぜ外務省を追われたか

杉原千畝と日本の外務省―杉原千畝はなぜ外務省を追われたか

  • 作者: 杉原 誠四郎
  • 出版社/メーカー: 大正出版
  • 発売日: 1999/11
  • メディア: 単行本



NHKはこちら↓
http://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2017/10/1008.html

nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:仕事

江之浦測候所に思うこと。 [建築]

IMG_0496.jpg

江之浦測候所から帰ってきて
ずーっと引っかかっているものがある。

正確には「心にひっかかるもの」があるのだ。

それは。

自分の感覚や、視覚。
もっというと「記憶」に何一つ残っていない。のだ。

もちろん、「感性」が鈍った。のは否定できない。
齢を感じるのだ。

どんな刺激にも感じなくなっている自分がいる。
しかしいま
俗に「インスタ映え」とか言って
SNSだとかに載せるのに夢中になる人を
半ば揶揄する言い方があるが

まさに今回の自分がそれ。
ブログに載せようと
写真に収めるのに必死になって、自分の五感で「見て」いなかったのだ。

だって、写真にしたほうが実物よりもずっと「素敵」に見えるんだもん。

ここ「測候所」は、もしかすると
「写真撮影可能」とか言って
建築家、芸術家 杉本博司に
まんまと「嵌められた」のか?。

どんどん、写真に撮れ。
そしてヴァーチャルな世界に展開せよ。

そして、その写真欲しさに全世界からの集客をしてみせよう。
諸侯の様子を測ってやろう。って??

完全予約制で飢餓感もあおりつつ
面積あたりのお客さんの人口を制約して
誰でもバンバン「良い」写真が撮れるぞ。と。

当たった見学日が良い天気でも
雨でも
はたまた荒天でも
朝方でも夕方でも
どんなときだって、違った姿を見せてやるぞと。

写真撮ったら満足だろ?って。
十二分にフォトジェニックな「日本」を堪能させるぞ。と。
一金3000円也/人。

IMG_0490.jpg

このおじいちゃん(失礼!)が、まさかね??

だから今度は自分の感性だけで行ってみようと。。
だって悲しいくらい近所なんだもん。ここ。

IMG_0531.jpg
そんななか僕だけが気付いたのは
この総門にいた「ヤモリ」

え?待てよ。これも杉本博司の「作品??」
ホントか?

見に行かなくちゃ。


Casa BRUTUS(カ-サブル-タス) 2017年11月号 [杉本博司が案内する、おさらい日本の名建築]

Casa BRUTUS(カ-サブル-タス) 2017年11月号 [杉本博司が案内する、おさらい日本の名建築]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2017/10/10
  • メディア: 雑誌



nice!(9)  コメント(4) 
共通テーマ:アート