So-net無料ブログ作成

1・17のこと [雑感]

具体的に書きます。

「阪神」のときに感じたこと。

まず仕事について。

それまで家族みんなに言っていました。
「日本のコンクリートの建物は
絶対に倒壊しないから地震の時には建物内に居ること」
って。

そしたら
根こそぎ倒れた雑居ビルはもちろん
丁寧に施工されたはずの公共的な建物
神戸の病院 市役所 郵便局。
倒れはしませんでしたが、上部の階がつぶれて
何人もの方が犠牲になりました。

高速道路。
柱がポッキリ折れ、完全に倒壊しました。

そしてその後の処理。
原因の検証などもないまま
うやむやのうちに「災害復旧」の名の下に
「よってたかって」無かったことにされてしまいました。

解体工事屋さんたちの石綿による被害もありました。

被災建物の応急危険度判定士の資格はありましたが
派遣要請は公務員だけに来て
私には来ませんでした。

こんなんで良いのだろうか??と。

そして
所属していた団体のことです。
青年会議所。

1月といえば年度のスタート時期です。
その年は大阪の伊丹青年会議所から出向した人が
日本青年会議所の会頭でした。
彼自身も被災者。
家族が犠牲に。

だが彼は会頭を続けました。

苦渋の決断だったことでしょう。
いまになったら彼の気持ちがちょっぴりわかります。
わかりますが、

「英知と勇気と情熱をもって
明るい豊かな未来を築きあげよう!」がスローガン。
飲みながら戯れごとでいうのが
「お金と時間と家族の犠牲」

いつだって「改革」「革新」を旗印にしているくせに

こんなときでさえ「家族を犠牲」にしないといけないのか??
って。

青年会議所はあのとき「終わった」。
私はそう思ってしまいました。

会頭に直訴する手紙を書いて送りましたっけ。
「やりようはいくらでもあるでしょう」って。
「あなたは休んで家族のそばにいたらいかがですか?」って。

若くて青い私でした。
もちろん返事なんか来ません。

しかし「会頭」ともなると
多くのしがらみが、、、。
政治的なことも、、、。まったく当時は思いも及びません。

神戸は
その前年 青年会議所の世界大会を主管した街です。

私も行きました。
世界から若い経営者たちが集まりました。
当時の世界の会頭は横浜青年会議所の人です。

あの街があんなことになるなんて。

世界中の青年会議所メンバーに
もっともっと有機的に、
もっともっと斬新なかたちで
情報発信できたはずなんです。

あのころの青年会議所の力をもってすれば。

そして全国から京都に集まる「京都会議」が中止になっただけで
その年の青年会議所活動は始まります。

駅前で募金箱を持つ者。
救援物資を持って現地へ駆けつける者。
大勢いましたけれど

そのほかの団体と何ら違いは見出せませんでした。

「会頭が被災者だ」と言うこと意外は。
そしてそれは外の人にはわからずに。

いまだって当時のこんなことを覚えているのは
私くらいのものじゃないでしょうか?

いろいろ偉そうに書きましたが
結局
当時の私は現地にも赴けなかったし
街頭募金の列にも立てなかったのです。

ほんの少し義援金を寄付しただけ。

昨日も書いたとおり
「体が固まり 足がすくんで」
何も出来なかったのです。

本当に申し訳ありませんでした。

私は当時33歳でした。
そして3月。
オウム事件が起こるのです。









nice!(10)  コメント(0) 

1.17に思う [雑感]

1月17日が来ると
あの日のことを思い出す。
そうでないと、ほとんど忘れている。

あの日 自分の就いている職業に
大きな不安をもったこと。

自分の所属している組織にも
大きな疑問をもったこと。

なにより
背中がゾクゾクし足がすくんだ。
自分が「揺れ」を体験しなかった分か?
続々伝えられる惨状に、身の置き場がなかったのだ。

それから、時は過ぎ
もっと大きな東日本大震災が発生して
「あの日」はどんどん風化した。

風化したけれど
我々の業界は ゆっくりとだが
表に見えないところで 着実に進化したと思っている。

いや、完全ではないけれど。

震災対策については
またここらへんで、大きな変革が必要とは思う。

インフラや建物の耐震化。補強。
そして
震災発生後のリカバリー。
救助。避難。復旧。

それぞれキメの細かい対応策が各地
各業界で練られているとも思う。

でも、「まだまだ」感は否めないし
世の中の「少子高齢化」が一層すすみ
「仕事の仕方」が大変化しそうな今。

もう一度根本から考え直す必要を
痛感する。

でも、そのときには
絶対忘れてならないことはただ一つ。

1.17でも3.11でも
大勢の尊い命が失われたということだ。

近い将来 北海道でウンヌンとか
言われている。

日本にいたら「ここなら安全」
などと言う場所はほとんどないのではないかと
思っている。

それゆえの
免震 耐震だろうし
それにしたって被害は出ても「命はまもる」
であり
救助が遅くなっても「サバイバルできる」
ようなことを

もう一度よくかんがえてみたいものだ。


文末ではありますが
被災されお亡くなりになった皆様に
衷心より哀悼の意を表したいと存じます。

どうぞ安らかにお休み下さい。






nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

喫煙所あるんだ、、、。 [雑感]

CFC7B2CA-332E-475D-999F-78C6BB49829E.jpeg
立派な市庁舎が完成しました。

15E23B35-5D56-4789-8A95-970FB471A854.jpeg
敷地の北西部
外になるのですが、ATMコーナーのその先に

13DA08EA-B6EE-45E4-8DB4-7D90C3F21B92.jpeg
平塚市役所の喫煙所が。

F6918063-E6AA-4300-822E-C73ABFA1A89B.jpeg
敷地内禁煙 じゃないみたいです。。。

藤沢市は違うのに、、、。
神奈川県は喫煙防止条例もあるのに、、、。




nice!(6)  コメント(1) 
共通テーマ:地域

新時代の神社仏閣って、、。 [雑感]

しかしね。
(あ、昨日の続きです)

「マナー」の部分まで全部「ルール化」して
文書にしたりすると
そりゃもう大変な分量の書類になっちゃうわけで
見も蓋もない、大変な書類社会に。。

一方神社側だって
(場所によっては地域自治体)
ハダカで焚き火なんかしたら
やれ硫黄酸化物がどうの、ダイオキシン濃度がどうの
と 全くもって「どんど焼き」どころじゃなくなっちゃう。

いまも
野焼きは原則禁止です
なので、事前に届出はもちろん
(火災に間違うケムリの発生など)
消火準備も万端整え行うのです。

それ以外にも
日々集まる古札は「参拝」の証しなので「産廃」処理するわけにもいかず
雨天を選んでお炊き上げをするんだそうです。
(雨天なら近所の洗濯物にニオイが付いたなどの苦情が少ないそう)

いや
ほんと、これからは違う形を模索しないといけないのかもしれませんね。

違う形
っていえば
「お賽銭」にもいえるのかも。

電子マネーやクレジットカード。
プリペイドカートやポイントなどで決済できる
お賽銭箱も登場するのでしょうねえ。

愛宕神社はEdy
ですって。

関係者の方におききすると
その昔は 土地や建物を寄進したり、作物やお米お酒といった
実物寄進が「お金」という形になったので
そのまた形式が異なるのも時代の流れなのでしょうね。

とのことでした。

うーむ。

たとえば街で拾った小額コインを
警察に届けずに最寄の神社仏閣で賽銭箱に入れておく
とか
教会のドネーションボックスに入れるとか
はできなくなりますねえ。

銭洗い弁天とか、、、。カードを洗うの?
ガラケー水に浸けられないしねえ、、。

なんか難しい世の中になったもんです。ねぇ。





nice!(7)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

善男善女の皆様へ [雑感]

上から目線。失礼します。

しかしまあ「常識」っていうのは
千差万別 というか 十人十色
とは よく言ったもんです。

わたし、
左義長(どんど焼き)
の前
お正月飾りとか 書初めとか 神棚の注連縄とか
ダルマとか お預かりする お役をしてました。

そうすると
まあ、いろいろなモノが持ち込まれます。
もちろん
「アダや疎かにしない」という気持ちでしょうか?
神社でいただいたものは お札の袋から 神社暦から
何から何まで持ってくる人。
(お受けしました)

最近のトレンド プラスチックカバー(?)
に入った鏡餅のカバーそのもの。を持ってくる人
とか(これはプラゴミとして持って帰っていただきました)

「絶対開けないで」とか言いながら
新聞で厳重にくるんだ品物を持ってくる人。
(あとで見たら絶句するようなモノが、、、、。)

それに
絶対ゴミだろ!っていうようなものを持ってくる人。

以前は いつでも持ち込める
「古札納め所」があったのですが、あまりにゴミが多いので
対面でお受けするようにしたとのことです。

ホントに神様をなんだと思っているんだ!!!

いいえ

大半のひとは
文字通りの
善男善女

なのですよ。

一部のこころない
いいえ
「常識」がおかしい
いいかえれば
「異常」な

そんな人が、世の中のスタンダードを
平均値を大きく変動させているのです。

前に私が書いた「コンプライアンス上問題のない」童話、童謡 じゃないですけど
どんどん 監視や監察が必要な社会になっていくのでしょうか?

「◎◎はやったらダメだよ」って
「××はこうやるのだよ」って
きちんと決まりがないと動けない人が増えているのです。

かなしいかな着実に。

異邦人が多いアメリカじゃ「あたりまえ」かもしれませんけどねえ。。。。

ここは日ノ本。
日出づる国 日本なんですけれどねぇ。

26731375_1618513441565943_2830379628893858250_n.jpg



nice!(7)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感