So-net無料ブログ作成
検索選択

トミカよどこへ行く?? [雑感]


東京ディズニーリゾート限定デザイン トミカ ディズニー・ビークル・コレクション 公式ガイドブック Disney in Pocket

東京ディズニーリゾート限定デザイン トミカ ディズニー・ビークル・コレクション 公式ガイドブック Disney in Pocket

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/04/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


本屋さんをウロウロしてて、たまたま目に入る。
これ、ディズニートミカだけで 240種類!!もあるんだって!
初期物は結構必死で入手してたけれど、最近はからっきし、、、。
もうカーズトミカとか、ディズニートミカ。最近はスターウオーズものなど、
トミカ枠にいろいろはいっていて、もうついていけません。

通常品も初回限定カラーとかあるし
それにトミカプレミアムにトミカリミテッドヴィンテージネオとかなんとか、、。

ああ、僕はどうしたらいいの??


トミカ トミカプレミアム 13 日産 スカイライン GT-R

トミカ トミカプレミアム 13 日産 スカイライン GT-R

  • 出版社/メーカー: タカラトミー
  • メディア: おもちゃ&ホビー





トミカリミテッドヴィンテージ ネオ 1/64 マツダ787B 1991 ル・マン優勝車

トミカリミテッドヴィンテージ ネオ 1/64 マツダ787B 1991 ル・マン優勝車

  • 出版社/メーカー: トミーテック
  • メディア: おもちゃ&ホビー



私は古い当時ものを、チマチマ探してゆきます。
あとその時の気分で気に入ったのを、、。

タカラトミーの通販サイト
http://takaratomymall.jp/shop/c/cTomica/
タグ:トミカ TOMICA

光峰プラタナス展 [雑感]

書道 などというものは、
私の生活圏のなかでも「もっとも遠い」
ところに位置するものなのである。

子供の頃「お習字教室」に通ったことがあるが
嬉しかったのは「お習字セット」を手にしたその瞬間だけ。
という思い出しかない。
そして、行くのが嫌でイヤで仕方が無かった。

陰鬱な古い日本家屋に、
おばあちゃん先生がいて、お手本の字を下に敷いて
書くときにはそこそこ見られる字にはなるが
自分で書くと、まあ、見られたもんじゃない。
そして、自分の名前を隅に書き入れると「壊滅状態」となる。

こんなの、なんの意味があるんだろう。
野球したいし、(友達は今頃遊んでいるはず!)
テレビ見たいし、ああ。ってなもんで。

からっきし、なんですな。

なのに、今回 「東京アメリカンクラブ」という場所にも釣られ、厚かましくも
お邪魔してしまった。

まえに東京駅のKITTEで拝見した
亀甲会主宰 加藤光峰 先生の展覧会。

光峰プラタナス展
(会期は既に終了しています)


IMG_7669.jpg
「完全アウェイ」な場所です。

IMG_7667.jpg
東京タワーも見えますが、ここはアメリカ。
(ちなみに隣はロシア大使館なんですな)

IMG_7632.jpg
メンバー 関係者 でないと入れないんです。ここ。

IMG_7618.jpg
先生の作品は エネルギーに満ち溢れています。
しかし
乱暴に書いているのでは決して無い。
故事来歴 古典 考古学に学び
深い研究をし、古来伝統に則り
しかし、それら薀蓄をおくびにも出さず
全身全霊で書とし、この世に出現させた。

というような、「芸術作品」なのだ。

エネルギーを感ずるのだ。

もちろん、解説をお聞きすれば
「なるほど、うんうん」とわかったような言葉も吐けるが

そんなに考えないでも
ガツんとくる。エネルギーに満ち溢れているのだ。


シリーズ[気と骨]スペシャル・加藤光峰氏

シリーズ[気と骨]スペシャル・加藤光峰氏

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2017/03/01
  • メディア: DVD



IMG_7620.jpg
大きな書ばかりでなく

IMG_7650.jpg
巻物や 小品も。

IMG_7617.jpg
若き頃から現在までの作品群は圧巻の内容でした。

IMG_7619.jpg
先生ご自身も製作したのを忘れたという 幻のドレス。

堪能しました。
ありがとうございました!


変な写真が撮れちゃった [雑感]

IMG_7821.jpg
ガラス越しの西日に向かって景色を撮ったんです。
そしたらこんなことに。
カメラのピントが変なところに。

IMG_7822.jpg
本来はこんな感じ。

ああ、もう夏ですね。


タグ:写真
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

櫻ケ丘八幡神社 例祭で [雑感]

IMG_7326.jpg
大きな枝垂れ桜が満開を過ぎ
はらはらと花びらを落とす暖かい広場から
ほんの20メートルほど石段を登った
杉林に囲まれた御殿に
その大神様が鎮座する。

IMG_7304.jpg
お祀りが斎行される間
私の体の右側から一度たりとも緩みなく
冷たい風が吹き続けていた。

気になっていたことも
体の不調もなにもかも
この「冷たい風」以外のことは
なにも考えられない状態なのだ。

IMG_7335.jpg
なにしろ自分の鼻の右半面。ほっぺた右側が。
とにかく冷えるのだ。
右からだけの風が絶え間なく。
なんとなれば緩む一瞬さえなく。
息継ぎもしないで
杉の大きな幹を超えて、ずーっとずっと、吹くのだ。

湘南の初夏仕様になりつつあった
自分の体がうらめしい。

IMG_7364.jpg
献饌の儀も撤饌の儀もお神楽も
老若男女がそれぞれの役割を果たし
厳かに、滞りなく
祭典がつづくのだ。

終わって
石段を下りれば
また暖かな陽だまりが待っていた。

全部終わって、ふと思った。

IMG_7381.jpg
あれが、「神様が降りてきた」
一瞬だったのではなかったのか?
と。

春のこの時期
高山のこの地区では
櫻が梅が一気に花が咲き
ご祭礼のその日は鎮守様の杜に
春を告げる冷たい風が吹き付ける。

その日こそ、ご祭礼に。
その場所を祠に。
そこに大神様をお迎えしよう。

太古の昔
ご先祖様が感じた(思った?)
何かを、今に伝えているのではあるまいか?

書けば書くだけ自分の気持ちと離れてゆくけれど
人智を超えた、凄いモノに
一瞬遭い見えた経験をさせてもらった。

5月5日は
相模の國 六社が集まる国府祭(こうのまち) という大祭。

関係者のひとりとして
心して参加しようと思ったことだ。

IMG_7306.jpg




nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

咲いている桜もあります! [雑感]

巫女さんたちがなにやらお打合わせ中でした。
IMG_6637.jpg
いや、もう昨今はこれだけでも「絵」になるというものですが。

IMG_6642.jpg
飛騨は高山から寄進された枝垂れの桜がイイ感じです。

IMG_6640.jpg
絵心と良いカメラがあればなあ。と。


タグ: 巫女さん
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感