So-net無料ブログ作成
検索選択
クルマ ブログトップ
前の5件 | -

懐かしのベンツ [クルマ]

メルセデスベンツ。200E。

IMG_8498.jpg
まだ、現役で普通に使われているのです。
傷もありますが、ずっと大切に使われている感じがよいです。

IMG_8499.jpg
ボディ同色のホイールキャップが良いですよねえ。

色合わせして塗装するのが当時のメカニックの腕のみせどころ。
もう、こういうのも無いんですかね。


エクスチェンジマートの駐車場で [クルマ]

名前 わかりますか?
IMG_8154.jpg
これは 私の初所有したクルマ。
もう今の軽自動車より小さいけどこれでも1300CCでFR。

スターレットKP61。隣はスズキの軽かな?

IMG_8157.jpg
これもちいさいですが、当時はそんな感じもなく
人気車種でしたね。

マークⅡ これと兄弟車でチェイサーもありました。

IMG_8162.jpg
いまも好きな人が多い。
海外でも大人気ですよね。

ランクル。トヨタの傑作。

IMG_8165.jpg
後世「ブタケツ」とか言いますが、
僕の知る現役時代はそんな言い方しませんでしたよ。

ローレル。

IMG_8166.jpg
ずいぶん新しいものの、いまはほとんど見ませんねえ。

レビン かな?

IMG_8171.jpg
ジャンルがアレなんで、僕の範疇には無いクルマです。
僕も名前がわかりません。

どこのピックアップかな??

IMG_8172.jpg
これは言わずと知れた。
しかしこれキレイなクルマでしたね。

フォルクスワーゲン ビートル。

IMG_8174.jpg
一方これも今もって根強い人気のトラック。
こういう小さいピックアップトラック。
いまもあったら欲しいなあ。

B110サニートラック。

6月のエクスチェンジマート [クルマ]

早朝。少し肌寒かったですが。
エクスチェンジマートへ。

IMG_8155.jpg
一番奥の駐車場になったおかげで
来場者のクルマを拝見。
「昭和」です。

IMG_8156.jpg
コスモ。
今見りゃアストンマーチンラゴンダ。というくらい
カッコいいのですが、、。

IMG_8169.jpg
117クーペ。
後期型なのですが、後ろを見なきゃカッコいいね。
いや前から見ても好きじゃなかったのですが
今見りゃこれもフォトジェニック。

むかし気にもしなかった「普通の」クルマですが
最近「そういや見ないな」っていうクルマが
いざ見ると愛おしい。

無題.jpg
こんなエンブレムなんですな。

バイクのほうも
IMG_8160.jpg
これこそ「原動機付き自転車」

IMG_8164.jpg
今回の一番。

IMG_8163.jpg
DUCATI
ですって! こんなちっちゃい!!
もちろんピッカピカにフルレストアするのもイイでしょうが
このままにしておくのもイイですよね。きっと。

タイヤとか消耗部品は直して、現役で走らせるというのが
一番素敵かなあ??



「漢」と書いて「おとこ」と読む [クルマ]

大藪春彦の話の続き。

忘れかけていたが、

もちろん、いまさら誰にも大藪の読書を勧めはしない。
当時最新のメカも今ではきっと「古典的な」ものに
なっていることだろう。
当時の最高峰レーシングカーなど
今のGTRなど相手にはひとたまりもないだろうから。

それにあまた出てくる
犯罪や悪事の手口も、張り巡らされたインターネットの情報網や
どこにでも普通にある防犯カメラの前では
笑止、噴飯モノの内容でしかないはずだから。

思い出したのは
そんなことではなく

「レース」「レーサー」には
「いつも死の影がつきまとい」「どこかに血の匂いがしていた」
というもの。

現実に毎年著名なレーサーが
何人も若くして落命していたのだ。

それで、大藪の物語には
暴力や犯罪の延長線上にモータースポーツを置き
男が、生身の体を張って一か八かの大勝負に出る。

勝利すれば富 名声 美女 その他すべてを手に出来るが
失敗は即「死」。
そんな場所でしか輝けない
ある種の不器用な男たちが次々と登場した。

そしてそうした男たちが
現実の世界にも少数ながら間違いなくいた。

いにしえにはそれを「侍・サムライ」といい
先の大戦では「兵隊さん」「兵士」
といった。

戦後、高度経済成長の世に生まれ
世に出るのが遅くて、臍をかむような
気持ちでいた、血気盛んな男たちが
こぞって大藪を支持した。

それは大衆娯楽文学だったかもしれないが
確実に「オトコ」の本能を刺激してきたのだ。

いま
モータースポーツは本当に安全になり
純粋に「スポーツ」として
また「テクノロジーの競争」として
子供と家族団らんをしながらでも
眺められるそんな「興業」になった。

良い時代なのだ。

昔はモータースポーツの雑誌を持っているだけでも
白眼視されたのだから。

その意味では「昔は良かった」
などとは言えない。

今のほうが数段いい。

しかし。だ。

安全になった、その見返りなのだろうか

廻りを見回してみても
「オトコ」「漢」がいなくなった。

そうそう思い出した。
富士の耐久レースだったか、片山義美さんが
ピットレーンで立っていたのを見たことがあった。
ヘルメットを被り
レーシングスーツに身を固め
腕を組んで自分のクルマのピットインを待っていたのだが、

「剥き身の日本刀だ」率直にそう思った。

オーラなどというような生易しいものではない、
触れることも出来ぬような、おそろしい妖気を感じたのだった。


今後はもう
そんな「漢」にはあえないだろうと思う。

一瞬でも本物に出会えた私はとてつもなく幸せものだ。

ちなみに
私のパソコンの辞書では
「おとこ」と打っても「漢」は出ず。
手っ取り早く出現させるには「痴漢」と打って
バックスペースキーで一文字消した。

なんだかなぁ。
そんなもんなんだなぁ。はぁ。

「好漢」はちなみに9個目で出ました。。。


大藪春彦 [クルマ]

当時本屋さんに行くと
「大藪春彦」の文庫は必ず一画をなしていたはずなのですが
もう、いまではそんなのは無いのかな?
と覗いてみると
近所の本屋さんでは一冊も見つかりませんでした。
そうなると、気になる、、。


野獣死すべし (光文社文庫―伊達邦彦全集)

野獣死すべし (光文社文庫―伊達邦彦全集)

  • 作者: 大薮 春彦
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 1997/01/01
  • メディア: 文庫


これも再販が1997年だそうです。
代表作の野獣死すべし。



蘇える金狼 野望篇 (角川文庫 緑 362-2)

蘇える金狼 野望篇 (角川文庫 緑 362-2)

  • 作者: 大薮 春彦
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 1974/03
  • メディア: 文庫


蘇る金狼

そして
汚れた英雄。ですもんね。



男の欲望を全部、力づくで手に入れていく主人公。

憧れと、恐れと、ないまぜで読みましたね。
正直 途中の銃のスペック話とかクルマのメカ解説とか
飛ばして読んでいましたけど。

主人公は絶体絶命のピンチを、ありえない幸運とカラダひとつで
突破してゆく。

そして最後の最後には、、、。


また読み、、ます。。



タグ:大藪春彦
前の5件 | - クルマ ブログトップ