So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

おっとっと [雑感]

お菓子のおっとっと
遊び方は こんな感じ。


ポケモンGOに近いですかね?

もうお菓子のおまけもスマホ対応なんですねえ。

これで現実の風景のなかに
シーラカンスとかグソクムシを泳がせたり歩かせることが!!

凄い時代ですねえ。



タグ:おっとっと
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

モネの水蓮 [雑感]


美しき愚かものたちのタブロー

美しき愚かものたちのタブロー

  • 作者: 原田 マハ
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2019/05/31
  • メディア: 単行本


週刊文春で連載されていた、原田マハさんの
美しき愚か者たちのタブローを思い出しつつ視ました。

よみがえる奇跡の一枚

松形コレクションとして本来日本に来るはずだったが
ずっとルーブルに半ば「死蔵」されていた絵の修復のお話。

本来のありか
国立西洋美術館で展覧会開催中かあ。

絵画は
作家が産みだす。
それに魅入られたコレクターもしくは
所蔵家によって保管展示され
沢山の関係者によって維持修復、保管輸送されて
今日誰でも目にすることが出来るようになる。

一枚の絵に秘められた
さまざまなエピソードは
それだけで魂が揺さぶられますよね。

見に行きたいです。
テレビ放送直後は混む。けど。。


モネ作品集

モネ作品集

  • 作者: 安井 裕雄
  • 出版社/メーカー: 東京美術
  • 発売日: 2019/03/12
  • メディア: 大型本



タグ:モネ
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

なんか楽しいこと [雑感]

「なんか楽しいことってないっすか?」
それも昼間で、合法的で、経済的負担の少ない、、。

って質問を貰って
反射的に「いつも行ったこともないような商店街をぶらつく」
なんてどうですか?
なんて回答したんですが、
質問者の方にはイマイチだったようで

あれからイロイロ考えていました。

ブログの読者にさせていただいている
ねこざかなさま
の「お手軽仮想拡張現実体験」なんか
明日すぐにでもできそうです。
楽しそう。

それから
いつもクルマで出かける先にわざとバスで行くとか
自転車で行くとか。

あとね
利き腕を封印して
わざと左手で字を書くとか、お箸を持つとか 歯ブラシとか
左足から階段に足をかけるとか

「非日常」を日常に生み出せたら
結構楽しいかも。

んで、今日のブログはタブレットで作ってみました。

けど メンドくさいだけでしたね。
楽しくはなかったっす。
タグ:仮想現実
nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

葉加瀬太郎 [MUSIC]


情熱と冷静のあいだ

有名な曲です。

引きずります。例によって。

冷静と情熱のあいだ Blu~フィレンツェの異邦人~辻仁成プロデュース

冷静と情熱のあいだ Blu~フィレンツェの異邦人~辻仁成プロデュース

  • アーティスト: 溝口肇,葉加瀬太郎,Arico,つのだたかし
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
  • 発売日: 2001/05/25
  • メディア: CD





ひまわり。


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

冷静と情熱のあいだ [雑感]

前に読んだ時には
熱狂して読み耽ったのを思い出す。

それも2回は読んだはずだ。

だいたいこんなストーリーだったと
朧げに覚えてもいた。

しかし、まあ記憶なんて定かじゃない。

それに
前回読んだ時には「老眼鏡」を必要としていなかった。




冷静と情熱のあいだ Blu [DVD]

冷静と情熱のあいだ Blu [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



冷静と情熱のあいだ ROSSO [DVD]

冷静と情熱のあいだ ROSSO [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



そうか!まずは映画を見てみるとするか!


冷静と情熱のあいだ Rosso (角川文庫)

冷静と情熱のあいだ Rosso (角川文庫)

  • 作者: 江國 香織
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2001/09/25
  • メディア: 文庫



冷静と情熱のあいだ―Blu (角川文庫)

冷静と情熱のあいだ―Blu (角川文庫)

  • 作者: 辻 仁成
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2001/09/01
  • メディア: 文庫


しかし
映像より文章のほうが、今の僕にはいいかもしれない。
とりあえず
ROSSOから読む。

当時は二人の作家が二人の主人公のそれぞれの立場に立って
別々の物語を描いて、それが交錯するのがとても新鮮だったし
正直興奮した。

いま読み返すとどんな感じか。

これから読むのは文庫になって34版。
IMG_4882.jpg
あの年の帯がしてある。


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の5件 | -