So-net無料ブログ作成

型があっての「型やぶり」 [雑感]

くわしいことは門外漢のためにわからないのですが。
(と予防線を張ってと)

ちょっと書いてみます。
「本格的なカジュアルフレンチ」
なお店だそうです。
(すでに日本語が変?)

んで
おすすめは
「フランス産のホワイトアスパラ カルボナーラソース」
なんだって。

そして
パスタが、特においしい、、。

ってことは、、。
イタリアンじゃないのか??
と、ご指摘する方がいらっしゃって、
なるほどなあ。って。

少し調べてみたら
フランス料理はイタリア料理が発祥なので
どこが境界ってはっきりしない部分もあるんだそうで
「間違い」とは言い切れないんだそうです。
https://matome.naver.jp/odai/2135573777404567601

でもですね。
「カルボナーラ」はイタリア語。

パスタもフレンチにもあるんだって。
でも、食べ方が少し違うらしい。
http://www.ozmall.co.jp/bbs/1-551795.aspx
http://www.tsujicho.com/column/cat657/post-362.html

これって
外国に旅行すると
「日本食」のはずなのに
ビピンバとか麻婆豆腐とか
どこの国の料理だかわからないものが出てくるのと同じ??

ベトナムのフォーとそっくりな
「うどん」が出てきて閉口したことも。。

日本でもネパール人が経営するインド料理店は
インド人には「外道」に見えるのとも同じ??

うーーーん。

このお店はまずは、「本格フレンチ」のお店であってほしい。
それとも
最初ッから「型やぶり」ってことでしょうか?

「型やぶり」
歌舞伎の言葉なんですって。これ。
「型があっての型破り。型がなければただの形無し。」
http://copype.hatenadiary.jp/entry/2015/08/19/170054

手放しで批判は出来ません。

どんどん便利になり
簡便になり、IT化が進む昨今
こういうことが多くなっているのかもしれません。

基本に忠実。型をさせたら完璧にこなせる。
そういう人が
時に「型破り」をするから良いのです。よ。

ピカソなんかも
デッサンすごいんですから。
detail_09.jpg

勘違いしないようにしたいものです。

このところ
こんな話題にたびたび遭遇するものですから、、。
ちょっと書いてみました。



新版 歌舞伎十八番

新版 歌舞伎十八番

  • 作者: 十二代目 市川 團十郎
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2013/09/14
  • メディア: 単行本



nice!(8)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 8

コメント 1

pn

形無し、かたちなしって事か、なるほど。
by pn (2018-04-22 23:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント