So-net無料ブログ作成

優勝おめでとう! [BELLMARE]

130718_zac_001.jpg
この東アジア杯で、ザッケローニが連れて行った選手が、ほとんど全員出場できた
という一点をみても
今回の代表が求められていたものが「勝利」そのものではなく
選手個々のスキルチェックと急造チームで醸し出す「連携」や「一体感」の確認。
そしてスクランブル状態になった時に、ドタバタしないで済むように、
などなど、「テスト」の面が多かったのではないかと推察する。

完全アウェイの韓国戦。
韓国はいつも日本を相手にした時にはそれまでにない、素晴らしいパフォーマンスを見せる。
しかも新監督のホンミョンボは韓国の英雄であり
かつ、日本のJリーグを知りつくし(日本語も堪能なはず)日本の手の内をよく知る知将だ。
なおかつ代表にはJ所属の選手も大勢いて、ザック監督の願ってもないすばらしい「試験会場」が
用意されたといっても過言ではない。

ザックがそこまで考えたとしたら、これはすごい。

で、勝利のインタビューで「結果を大事にしている」と。
カッコいい~。

のらりくらりと攻めさせながら、ここぞのチャンスの芽をつみ。
自分たちの攻撃ではきちんと得点し逆転する。
いまの韓国に与えた衝撃は計りしれないのではないか?
「A代表の第3チームに負けた」のだから。

20137111247901.jpg
今回、韓国ベンチには前述の洪明甫(ホンミョンボ)監督と

ba60ae76ad95eec887667ec3a235c123.jpg
出場機会こそなかったが韓国栄(ハングギョン)の二人が
ベルマーレ関係者だったので、私の話題のBELLMAREに分類しました。

来年のW杯までにはやることは山積みだけれど
収穫があったのではないでしょうか?

あ、言っときますけど、今回の韓国戦は完全な負け試合ですよ。
押し込まれてたし、セカンドボールはことごとく取れないし、、、。
勝てたけど。ザックの采配にも疑問だらけですし、、、。

http://www.kfa.or.kr/japanese/news/news_view.asp?g_idx=1497
タグ:日本 韓国
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ