So-net無料ブログ作成

開館25周年記念 香月泰男と丸木位里・俊、そして川田喜久治 [湘南]

陰鬱な。
重苦しい。
そして、暗い。
これが「美術」なのか。と。

平塚市美術館の25周年 記念展覧会
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/20162005
に行ってみました。

私の思いは
館長のあいさつ文にも、同じように記されていました。

周年事業にしては、ずいぶん暗い展覧会だという人もいる----。
しかし、メッセージを発することも美術館の使命------------------。

「シベリア抑留」
「原爆」
「終戦 戦後 戦跡」

これらを「美術」というくくりで見せる。否 「魅せる」ことができるか。
IMG_2584.jpg
「反戦」「平和」。
ともすれば昨今のキナ臭い話に
抵触しそうなテーマに果敢に挑む。
そんな展覧会 と感じました。

いずれにしても
まず今日は 何の先入観も持たず、ぼんやりと観にゆきました。

教養のない身にはつらい展示ではありました。
図録を読んで、もう一度行ってみたいです。

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート