So-net無料ブログ作成

1.17に思う [雑感]

1月17日が来ると
あの日のことを思い出す。
そうでないと、ほとんど忘れている。

あの日 自分の就いている職業に
大きな不安をもったこと。

自分の所属している組織にも
大きな疑問をもったこと。

なにより
背中がゾクゾクし足がすくんだ。
自分が「揺れ」を体験しなかった分か?
続々伝えられる惨状に、身の置き場がなかったのだ。

それから、時は過ぎ
もっと大きな東日本大震災が発生して
「あの日」はどんどん風化した。

風化したけれど
我々の業界は ゆっくりとだが
表に見えないところで 着実に進化したと思っている。

いや、完全ではないけれど。

震災対策については
またここらへんで、大きな変革が必要とは思う。

インフラや建物の耐震化。補強。
そして
震災発生後のリカバリー。
救助。避難。復旧。

それぞれキメの細かい対応策が各地
各業界で練られているとも思う。

でも、「まだまだ」感は否めないし
世の中の「少子高齢化」が一層すすみ
「仕事の仕方」が大変化しそうな今。

もう一度根本から考え直す必要を
痛感する。

でも、そのときには
絶対忘れてならないことはただ一つ。

1.17でも3.11でも
大勢の尊い命が失われたということだ。

近い将来 北海道でウンヌンとか
言われている。

日本にいたら「ここなら安全」
などと言う場所はほとんどないのではないかと
思っている。

それゆえの
免震 耐震だろうし
それにしたって被害は出ても「命はまもる」
であり
救助が遅くなっても「サバイバルできる」
ようなことを

もう一度よくかんがえてみたいものだ。


文末ではありますが
被災されお亡くなりになった皆様に
衷心より哀悼の意を表したいと存じます。

どうぞ安らかにお休み下さい。






nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感