So-net無料ブログ作成

これからは日本戦以外も見てほしい [雑感]

さあ、決勝トーナメントです。
いわゆる「ノックアウトステージ」

あまり日本人の表現として使わないのですが

「我らの息子たち」と思って考えてみる。
その「「息子たち」」が赴く場所。

ああまでして昇りたかったステージ。
https://fifaranking.net/ranking/
全世界206チームの中での、選ばれし16チーム。

そのなかでも開催国ロシアを除いて最下位。

これは、「未体験」のゾーンに入っていくのです。
いいえ。過去大会でもここまでは来ています。
ですが、ベスト8 ベスト4は未だ。

この試合日程表
https://www.asahi.com/worldcup/schedule/

なんですかこれは。
今夜いきなり フランス対アルゼンチン。
決勝戦でもおかしくないカード。

そのあとの
ポルトガル対ウルグアイもすごい。

アフリカのチームはひとつもなく、
アジアはなんだかんだ言っても「我らの息子たち」のみ。

西野さんに託します。
行けるところまで連れて行ってください。

「息子たち」を。

見たことのない景色を見て来い。
「息子たち」よ。

その意味では、最も気になるのが
我がベルマーレファミリーの遠藤航
かならず、君にもチャンスがある。

なんかそんな気がするよ。





タグ:W杯 遠藤航
nice!(9)  コメント(0) 

今日はゆっくり眠れそうです。 [雑感]

考えても見て欲しい。

ロシアに出発する前
みんなどんな風に考えていましたか?

3連敗で尻尾巻いて帰って来るんだろうな?
そんな風に思っていませんでしたか?

そして
今大会。
勝ち、引き分け、負け。
という結果が残りましたが
これだって
勝った試合。
相手が早々と10人になり、1点貰って始まったような試合。

ここまでは「勝ち点」というルールがあっての
グループリーグ。

「イエローカードの枚数を競う。」
なんてところまで明文化してあるので
これを堂々と使う。
というのは「あり」なんです。

「お行儀の良いほうに決めます!」
なんて。いいじゃないですか。

ちまちまポイントを貯めたりするって日本っぽくて
いいんじゃないですか?

でね。
これからがトーナメント。
一発勝負の「ノックアウトステージ」

ここでは「お行儀良さ」もなにもない。
決着するまで戦う。

延長の後、PK戦までやってね。

ここまで来られたっていうのは
本当に凄いよ。

願わくば1位通過のほうが「良い山」だったかもしれないけど。

このあとベルギー。そしてブラジル。そんでアルゼンチン。とか
シビレますねえ。

いまの日本。そう簡単に「フルボッコ」にはされませんって。

これだけ冷静にグループステージを切り抜けられたのですからね。


もう一度。
「まあ3タコ喰らうんだろうなあ」って思ってましたよね?
それ、阻止したんですから。
まずは凄い。と。

これからですよ。ほんとに。

アジアのチームとしたら
いまのところ
「敗退が決まっているのに、ドイツを破った」ところの韓国。
が一番かなとも思うのですが、

じゃ、ドイツに勝つ前の試合も勝てよ。と。そうすりゃあんたねえ。

ベスト16から並み居る強豪国を
「肉を切らせて骨を絶つ」
そんな勢いで
ボッコボコにされながらも結果這い登っていく。

そんな代表に期待します。

ガンバレ!ニッポン!!!



タグ:W杯
nice!(9)  コメント(2) 

JTタウンはいかがでしょうか? [雑感]

平塚に広大な空き地ができた。
旧JT (元専売公社)工場跡



辻堂では松下電池の工場跡地に
パナソニックのスマートシティが出来たのにあやかり

ここはひとつ
JT主体のタバコシティを。。

「敷地内禁煙」ではなく
「喫煙者以外立ち入り禁止」
にして
メンテナンスや宅配、僧侶や警官であっても
緊急時以外は「喫煙者」しか入境できない。

自衛消防隊もクリニックもなにもかも
この中ではどこでも喫煙可。

住人には
世界でもこの敷地内だけで手に入る
スペシャルなタバコが配布される。

喫煙「禁煙」を決意すると、問答無用で退去する。

どうだろ?こんな町。
問いかけてみた。


「ぜーったいヤダ」
そう言いながら、その人は
美味そうに紫煙を吐いて、青空を仰いでいた。






しかしなんでもAmazonにあるのな!ヘルスケア用品!!






タグ:タバコ JT
nice!(9)  コメント(4) 

がんばれ韓国 [雑感]

正直言うと
明日の日本戦よりも
今夜のドイツ×韓国が気になっています。
万々一。
のことなのかもしれませんが
凄い「ジャイキリ」。が見られるかもしれません。

試合開始前に書いておきますが
今回のW杯。
スペインもアルゼンチンもどこも苦労している。
どうしたわけか
いわゆる「格下」に苦労しているチームが多い。

引いて守って、相手が前ががりになったら
一瞬のスキを見つけてボールを奪取し
一目散にゴールへ殺到する。

ボール支配時間はドイツが70%を超えても
残った30%は自分たちの時間がある。

そういうことをしてゆけば
韓国にも十分勝算はある。

しかし、韓国はファールが多いという心配もある。

エキサイトしすぎて、「なんでもかんでも止めてやる!」
が大きなミスを産む心配はある。

9部9厘はドイツの勝利なのでしょうが、
勝負はやってみるまで分からない。

ハーフタイムまで0-0でやり過ごせば
後半何かが起こるかもしれない。

ともあれ、前半で大差をつけられちゃったら
あきらめてとっとと寝ますけど。

今夜はお隣の国を応援するとします。
前回王者。ランキング1位。そして「帝国」と呼ばれ
る国。ドイツに一泡吹かせてもらいたい。




日本人初の韓国代表フィジカルコーチ 池田誠剛の生きざま 日本人として韓国代表で闘う理由

日本人初の韓国代表フィジカルコーチ 池田誠剛の生きざま 日本人として韓国代表で闘う理由

  • 作者: 元川悦子
  • 出版社/メーカー: カンゼン
  • 発売日: 2013/08/28
  • メディア: 単行本



タグ:韓国
nice!(9)  コメント(1) 

若者のために 世界平和を。 [雑感]


またテレビで
ダンケルク やってたんで見ました。

そしたら
開催中のW杯と被っちゃって。。

というのも
戦場で戦う兵士に対し
おじいさんの小船の船長さんが
「我々年寄りが戦を始めてしまった。」
「若者を救出するのもまた我々の仕事だ、、。」
というような趣旨のセリフを(曖昧にしか覚えていませんが)
話す場面があって

ああ、そうなのか。

と思ったら、
国を問わず
戦場では、きっと18歳から35歳くらいの若者が
駆り出され戦い、傷ついていたはずなのですね。

サッカーの代表選手もみなそのくらいの年齢。

よくよく考えたら
私の息子と言ってもいい年齢なんですね。

ああ、平和っていいなあ。

どれほどの「肉弾戦」って言っても
同じピッチで戦った彼らは、ロッカールームで
ユニフォームを交換したり、
記念写真を撮ったりして
(そういえば試合終了後のユニ交換って、やらなくしたのかなあ?)
きっと、生涯の友。になるんだと思うんです。

でも
実弾飛び交う戦場では
勝者にも敗者にも「死」があり
「傷つく」者があるだけなのです。

生き残っても、そこには「恨み」「怨恨」「憎悪」
「後悔」「悩み」「後遺症」などなど
苦痛苦悩だけのはずです。

我々年寄りは
いくさを始めちゃならんのです。

なにがなんでも。ね。


その点ね
日本の神事はすごいよ。

揉め事に決着つけないの。
「いずれ明年まで~」って。


だからね。
4年に1度くらい
夜、安眠妨害するくらい
大目に見て欲しい。と。

いや、だからこういうのが喧嘩のもと。
戦争の火種に、、。かぁ。


ダンケルク ブルーレイ&DVDセット(3枚組) [Blu-ray]

ダンケルク ブルーレイ&DVDセット(3枚組) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray



nice!(7)  コメント(0)