So-net無料ブログ作成

無法は天に通ず のか?? [雑感]

「近所まで来たんで、キミも来る?」
そんなノリで「ツイッター」でつぶやいた。

が、なにしろの事の発端。
21世紀らしいっちゃらしいが、
きっと裏方は蜂の巣をつついたような大騒ぎになったはずだ。

そして本当に軍事境界線を越え、会談まで行ったのだ

これでG20の話題などどこかに吹っ飛び
全部トランプさんが「おいしいところ」を持って行ったカタチになった。

家の主である文大統領さえもカヤの外にして、、。

2人は、ある意味「同じ匂い」をお互いに嗅いでいたのではないか?
どう見たって
「番長どおしの手打ち式」みたいだったもの。
無法者同士(失礼)で
ウマが合うんじゃないのかなあ。

で、このあとは2、3週間を使って
実務者協議をする。んだそうだ。

「なあジョンウンくん。」

「核施設と、ミサイル、あれを全部廃棄してくれたらね」
「経済制裁を解除するよ」「すぐに」
「どころか、アメリカや韓国や日本から大量の物資を送るし」
「それにね」
「どうだろ?観光立国を目指さないかい?」
「この軍事境界線も自然の宝庫らしいじゃないか」
「ツーリズム大国だよ」

「日本ならね」
「拉致被害者のことだけども」
「いやいや君には何の責任もないんだし」
「おじいさんの時代の一部のならず者のしでかしたことだろ?」

「いきなり全部じゃなくてもいい。」
「何人か返してくれたら、シンゾーに連絡して、
南北をつなぐ鉄道だとか、道路だとか、港湾、発電所なんかをODAででも
造らせるようにしてあげよう」
「日本は手放しで喜ぶよ!」

「文大統領にも、なにかご褒美をあげないとな。」
「今日も場所貸してくれたんだしね。」

とかなんとか話があったかもしれない、、。


事実は小説よりも奇なり。
である。
なにかとてつもない事の最初のスイッチが入ったのかもしれない。。

思いだしてほしい。
1989年を
あの年。日本は改元している。
天安門事件もベルリンの壁崩壊も、ルーマニアのチャウシェスク政権崩壊も
全部この年なのだ。

そして今年。
日本は同じく改元をした。
そして奇しくも今日が今年の半分が過ぎ
各地で夏越しの大祓い式が行われている。

これは何かあってもおかしくは無い。

「会おうか」「わかった」
から始まって「なに」で終わるのか。

外野の私は今日
二人の動向をテレビで見つめていた。
そして天に祈る。

「平和に納めてください」と。





FEAR 恐怖の男 トランプ政権の真実

FEAR 恐怖の男 トランプ政権の真実

  • 作者: ボブ・ウッドワード
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2018/12/01
  • メディア: 単行本



IVANKA イヴァンカ・トランプ Photobook 1991-2017

IVANKA イヴァンカ・トランプ Photobook 1991-2017

  • 作者: アメリカ大統領選挙研究会
  • 出版社/メーカー: 創藝社
  • 発売日: 2017/03/31
  • メディア: 単行本




金正恩が朝鮮半島を統一する日 日本にとって恐怖のシナリオ

金正恩が朝鮮半島を統一する日 日本にとって恐怖のシナリオ

  • 作者: 菅沼光弘
  • 出版社/メーカー: 秀和システム
  • 発売日: 2019/05/31
  • メディア: 単行本



金正恩著作集

金正恩著作集

  • 作者: 金 正恩
  • 出版社/メーカー: 白峰社
  • 発売日: 2014/01
  • メディア: 単行本



nice!(10)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

京都のお寺はキャッシュレス反対! [雑感]

京都の仏教会ではキャッシュレス決済反対
なんですって。

いや、これはどうなんでしょうねえ?

お布施。
これ、いま現金になっていますけれど
献上したり奉納したり
その昔は「実物」だったり「使役」だった
はずなんです。

それが「現金」の発明のために
「それでもいいよ」としたはずなんです。

でね
記事を読むと
いろいろわかりやすい「反対理由」が書いてあります。
なるほどなあ。とも思います。

宗教弾圧とか第三者にデータがとられるとか手数料が抜かれるとか
課税されるとか、心配点が沢山。

私。この記事に触れた瞬間には
「ええ反対すんの~??」っていう感想だったのですが
(モロモロの「大人の事情」が見え隠れしますもんねぇ)

これね。
京都に「入国」するような感覚が生まれて
逆に楽しくなるのかあ?
って面白みを感じました。

京都についたら
まず、京都駅なりの「両替所」で
電子マネーから現金に換金する。
拝観券も希望のお寺の物が買える。
京都専用のお財布も買ってもらう。

そして拝観する。お賽銭を投げてもらう。

両替所は「仏教会」で運営すればいいんです。

世界でもまれなキャッシュしか使えない「古代都市」
にしたらこれまたおもしろそう!!

聖地!ですよ。現金の使える聖地。。
帰りの駅では全部お土産を買ってもらう。
キャッシュを電子マネー化するより換金率はいいですよ。ってね。

くれぐれも
マネーロンダリングの聖地にはしないでくださいませ。ね。







まるわかり! キャッシュレス決済 (日経ムック)

まるわかり! キャッシュレス決済 (日経ムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2019/03/05
  • メディア: ムック



キャッシュレス国家 「中国新経済」の光と影 (文春新書 1213)

キャッシュレス国家 「中国新経済」の光と影 (文春新書 1213)

  • 作者: 西村 友作
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2019/04/19
  • メディア: 新書



図解とQ&Aですっきりわかる! 絶対得するキャッシュレス決済超入門

図解とQ&Aですっきりわかる! 絶対得するキャッシュレス決済超入門

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2019/04/26
  • メディア: 単行本



nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

(怒)免許返納してちょうだい!! [クルマ]

また、信じられないような光景を目にした。
395f18e2.jpg
クルマは日産フーガ。
そして見るからに80歳越えのおじいちゃんが運転している。

おじいちゃんは今どきあり得ないガラケーで話し中。
もちろん片手運転。
そのうえあろうことかシートベルトを装着してない!
そして
後部座席にはおばあちゃんが、ちょこんと。

もうね、通報したいレベル。
誰かが止めないと。。高齢マークは貼って無かったし、、。

窓全開で混雑した交差点を右折していった。んだが
このあとが心配だ。
ほんとうに。


田舎は「交通手段がないから死活問題だ」
という話もわかる。
わかるが、自分が「死ぬか生きるか」なんだから
他人の「死活」は知りませんよ。ってか??


ここはそこまでの田舎町じゃないんで、
やっぱり免許は返納してほしい。

そのフーガ売り払って、保険料、税金、もちろんガソリン代で
どれだけタクシーに乗れるのか、、。

買取価格
保険料
なんて眺めてゆくと優に200万円以上のお金となる。
ね?
タクシー使ってよ。
かなちゃん手形っていうのもあって
たとえば年9850円払うと、路線バスに一回100円で乗り放題!


心底考えてほしい。
けどまあ
「俺は関係ない」っていうんだろうなあ。そういう人はな。。

いつもの「よいことだより」じゃなくてすみません。
据えかねたんで、、。




高齢者マーク マグネット2枚組

高齢者マーク マグネット2枚組

  • 出版社/メーカー: WISE MAGNETS INTERNATIONAL CO.,LTD
  • メディア:



タグ:高齢者
nice!(8)  コメント(1) 
共通テーマ:自動車

「なだの海を越えて」を読んで [雑感]

農民文学賞というのがあるのだそうだ。

このほどその第62回の農民文学賞を受賞された
目黒広一さんから直に原稿を見せていただく機会があったので
その感想文を。

しかしこの本は書店で売っていない。
のだそうで、ネットでも読めないみたい。

農民文学

で、私の感想。。

「なだの海を越えて」 を一読して

続きが読みたくなった。

登場人物たちは、一様に耐えがたい苦難にさらされ、方言である「なだ」=「涙」の
海に溺れそうになりながらも、それぞれ全身全霊で生きている。
そして、生きてゆく。
そんな姿に触れた読後感は、
清々しい気持ち良い風に吹かれているような、良い気分が残る小説だ。
しかし
これは、まだ大きな物語の「エピソードONE」「少年少女編」なのだ。

このあと、ハルコ編「大衆演劇の世界」
ハナコ編「芸能の世界」そしてヒロシ編「農業の世界」と読みたい物語は目白押しだ。
 そしてそれぞれのストーリーは時にすれ違い、登場人物たちに大きな障壁となり
越えがたい谷間となって絶望の物語となり、
はたまた時に交わって、珠玉のラブロマンスを奏でる。

時間の大河とともに流れていくのであろう、そんな続編を熱望するものである。

願わくば、朝のテレビ小説か、ジブリの長編アニメ映画として見てみたいのだ。

作者の原体験。そして「自分を読者にした」物語は、ふんだんに出てくる方言とも相まって、
独特の世界観と
時代背景の捉え方の斬新さでこれまでに体験したことのない小説となっている。
農民文学賞を受賞したのも当然だろうと思う。
作者はこれ以外に、あと2編の小説で過去、この賞に挑戦していると聞く。
ぜひそれらも読んでみたいものだ。

a000860501_01.jpg
取り急ぎ!!目黒さん受賞おめでとうございます!!



nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:

田島貴男 [MUSIC]

お疲れ様です。

今日は暑くて、なんだかバテバテ。
これで夏、乗り切れるのか!!>俺。。





SESSIONS【通常盤】

SESSIONS【通常盤】

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2018/01/31
  • メディア: CD



プラチナムベスト ORIGINAL LOVE~CANYON YEARS SINGLES&MORE(UHQCD)

プラチナムベスト ORIGINAL LOVE~CANYON YEARS SINGLES&MORE(UHQCD)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2017/07/19
  • メディア: CD



タグ:田島貴男
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽