So-net無料ブログ作成

仲良くしようよ [雑感]

ハタ、と思った。

「見た目」なのか
「話す言葉」なのか
「趣味嗜好」なのか。

である。

日本人か、中国人か、韓国人か
もっと細かい分類でもいい。
香港人、台湾人、、、。
でも
ほとんど僕なんか判別できない。
その人の話す言葉で
かろうじて「中国」かな「韓国」かな。とか。

ベトナムとか、フィリピンとか、タイとかになると
「日本人じゃないなあ」と思う人はいるけど

それらの国にも
「日本人にしか見えない」人って多く居る。

もちろん日本語で話しかけても
一切話は通じない。

国内においてもだ。
日系人の方々、2世はまだしも3世4世になると
平塚で出会っても日本語でのコミュニケーションは無理な場合もある。


しかし一方
どう見てもヨーロッパの白人の方とか
黒人の方が非常に流暢な日本語を話し
日本食を食べて
下手な日本人(私のような)よりも
日本の文化や歴史に精通していたりする。

サッカーの「日本代表」っていうのを
思い出しても
ラモス瑠偉は 田中マルクスは 呂比須ワグナーは
三都主アレサンドロは 李忠成は
ってなってくる。

相撲もそう。
横綱、モンゴル出身。

帰化してれば日本人??
ほんとに?



何が言いたいのか。

「日本人」「◎◎人」ってなんだ?ってこと。

◎◎人は嫌いだ。とか言ったって
好きだって言ったって

それはその「個人」についてしか
言い切ることはできないなあ。って。

たしかに
大雑把に言って
団体の◎◎国の人がいる。
ってわかったら、退散した方が身のためだと思うこともある。

でもこれはその場の「処世術」であって

差別したり、蔑んだりするための意思ではない。



見た目も、食べるものも、趣味趣向も
そうは変わらぬ隣人とは
政治的にいろいろあっても仲良くしたないなあ。と。


少なくとも個人のレベルではね。

こう暑い日が続くと
明洞の参鶏湯でも食べて精力をつけたいですよ、。。



大和魂

大和魂

  • 作者: 田中 マルクス闘莉王
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2010/12
  • メディア: 単行本




AWAYに生まれて 在日のサッカー選手・朴康造の挑戦!!

AWAYに生まれて 在日のサッカー選手・朴康造の挑戦!!

  • 作者: 崔 仁和
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2002/05/02
  • メディア: 単行本



nice!(8)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感