So-net無料ブログ作成

伝説のプレイヤーたち [BELLMARE]

止まってるボールを蹴らせたら右に出るものはいない。

ナカムーラ!!


これは カーガーワシンジー。。


イヌイなんですが、実況と解説がおもしろい!

夜見始めちゃうと止まらない。寝よ。


そして ベルマーレ関係者から

「旅人」ナカタ。


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ルヴァンカップを見て思ったこと。 [BELLMARE]

去年決勝戦でMVPになった男が
「グループステージ突破が出来なかった責任者です。」
って。そんなことを、、。

残酷で厳しい世界ですね。
勝負の世界は。

ここからは僕の想像の世界。
ファンタジーとしてご笑覧ください。

彼は 「世紀の大誤審」で
ゴールを取り消された張本人。

そこでカップ戦とはいえ
PKのキッカーを譲ってもらった。

これで公式戦の得点数の上ではとりあえず帳尻があう。

グループステージ突破のためには「勝ちしかない」という
状況の中で2点を先行され
追い付き追い越さなければならない
そんな状況の中
絶好のチャンスだ。

どれだけ「ゴリブラー」とか
20歳には見えないとか
オッサンとか言われたって
若干ハタチの若者だ。

U20の代表に仲間二人も呼ばれている。

自分だって結果出してA代表に呼ばれるんだ。
とメラメラ燃えている。

いろいろ考えちゃったろうな。

キーパーは元代表で柏レイソルで一時代を築いていた
菅野(スゲノ)。
ヤツは金髪のキーパー。

「このガキ。蹴れるもんなら蹴ってみな。」っていうような
ふてぶてしい態度でゴールマウスに立っている。

迷ったんだろうなあ。

そして蹴ったボールははるかゴールの上を過ぎていった。。。。

前回はレフェリーに無かったことにされ
今回はせっかくもらったチャンスを無にしてしまった、、、。


でもでもでも。
絶対に杉ちゃんが責任者じゃないからな。

まず2点を先行されてしまったこと。
反撃の狼煙をあげ、ギアを上げるタイミングが遅くなったこと。

菊地と野田といった
あとから入った選手が得点したこと。

最後の最後にようやく同点になったこと。は良かったけれど

なんだか連戦の疲れが出ちゃったのかな。

だけどね。ここからだし。
26日にはもうアウェイ神戸戦もあるし
ホントのほんと。がんばってるよ。

杉岡クンのスッキリとしたゴラッソ!を待ってますよ!!


DSC03279.jpg

例によってまとまりませんが
それでも負けはしなかったのがすごいね。



タグ:ベルマーレ
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

これが「縦の美学」だ。 [BELLMARE]

まだ引っ張る。
みんながいろいろ書いているので
それをつらつら読んでいます。

川端康生さんとか
スポーツ報知のこれ。とか。

で、思った。

選手はもちろん監督スタッフ、フロント、サポーターまで
全部含めて「湘南」なんだ。って。
遠藤さちえ広報が「16年間で初めてハーフタイムコメントを白紙で出した」
「それが一番伝わると思った」。
審判団に抗議している最中にサポーターが
ブーイングすることなく「ラピュタのチャント」を歌い続けていた。
とか
「そのとき自分の立場でやれることはなにか」
にそれぞれがフォーカスする。のだ。
そうか!
これが「縦の美学」なんだ!!
DSC03261.jpg
これは2013年に発刊された小冊子なのだが
上記川端氏のコラムにもあるように
加入する選手、関わる人たちにまず「湘南」を理解するために
読んでもらう書類を一冊にまとめたものだ。
執筆者は今は既にチームを去っている人も少なくないが
当時の関係者がそれぞれの立場で「どうするのか」
を書いた
チームの立てた、ぶれない「軸」のようなものだ。

「湘南の暴れん坊」と長く称される
痛快で攻撃的。縦に速いサッカーの事だが
そのために、何をどうすべきか。どんな心構えでチームに臨むのか。
そういうことが書いてある。

もうアマゾンでは無いみたい。

でも今も脈々と息づいているのだ。
そして
ここ「湘南」で育って各地で開花している選手もまた少なくない。
のだ。
「湘南」ベルマーレ。ホントに良いチームとなってきたなあ。

下記には遠藤さちえ女史のことも!

ジャイアントキリングを起こす19の方法

ジャイアントキリングを起こす19の方法

  • 作者: 岩本 義弘
  • 出版社/メーカー: 東邦出版
  • 発売日: 2010/12/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



明日のエルゴラも楽しみ!!
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

尾をひく性格なんです。 [BELLMARE]

昨夜からネットも沸騰
今朝も
ベルマーレの試合がヤフーでも
相手キーパーばゴールを認める。とか
トップ記事になっていました。

ベルマーレ掲示板でも
他サポの皆さんも参加して喧々諤々。

でね。

自分は熱くなっちゃって
何が何だかわからなくて
すぐ、「ひとのせい」にして、
「これはひどい」とか「なんとかしろ」とか
ズルズルあとを引きずっていたのですが

当事者の選手たち。
監督にハーフタイムに「このあとやるのか?やめるか?」 聞かれて、
「やめる」と言った選手は一人もいなかったって。
後半キックオフ時間を遅らせるようなこともしなかった。

「勝って、それからだ」と。

試合中に「クールダウン」と「切り替え」をしていた!!!

冷静に「この逆境を力にしよう」って。
でもね
これを「美談で終わらせてほしくない」って梅﨑。

すごいよね。かっこいいよね。
冷静に自分たちでできることにフォーカスし
それに集中した。
そして破れかぶれにならずに、最後にそのとおり勝つ。

もう最高。

僕は前半2点取られたところで
「こりゃもうだめだ」。
そして誤審のところで
「なんだよ!」「やってらんねー」
で、ココロが折れる。
メンタル弱いんで。。。


しかし若い選手たちは
そんなことはなかった。

若い人に教えられた。

メンタルの弱さはこの歳になると
克服できませんけど
これからもベルマーレについていきます。
そばにいて、すこしでも日常のメンタルの弱さを
ココロの糸の細さを
なんとか、、ねえ。

ありがとう。応援しますよ。これからも!!
ともあれ
今年のイヤーDVDが今から楽しみだ!

22日ルヴァンカップ。札幌倒して次へ進みましょう!!

190517_046.jpg
ありがとう!山根選手!(画像はベルマーレホームページからお借りしました)


湘南ベルマーレイヤー NONSTOP FOOTBALLの真実 第5章-2018覚悟- [DVD]

湘南ベルマーレイヤー NONSTOP FOOTBALLの真実 第5章-2018覚悟- [DVD]

  • 出版社/メーカー: データスタジアム
  • メディア: DVD


去年の。ロッカールームの様子が話題に


nice!(11)  コメント(1) 
共通テーマ:スポーツ

終わりよければすべてよし。でもない。。。 [BELLMARE]

今日のきょうの今日は、
ちょっと、どころかかなりの怒り心頭です。

あのね。
勝ったからいいんです。
っていうのが僕のいつもの視点なんですけれど
それどころじゃない
「世紀の大誤審」があったんですよ。


これね。
審判の資質ももちろんなんですが
サッカーのプレイの質やスピードに
レフェリングの技術が追い付いていないんじゃないか?
と。
でねVAR(ヴィデオアシスタントレフェリー)ってのが
あるし、導入されると思うのですが
それだと確かに「興ざめ」になっちゃう部分もあるので
濫用はしてほしくないんですが

それにしたって今日のは酷い。


アディショナルタイムの最後の最後の
ラストプレーで逆転勝利したけれどね。
これ、勝点3取れなかったらもうね。
自分だってJリーグに抗議しに行く。。

杉岡選手の成績ももちろん
シーズン最後の頃になってくると
「得失点差」って順位決めの重要な要素になるし

もっといえばサッカーくじもあるしね。

主審、副審 第四の審判とか
審判アセッサーとか、どんな役割があって
何する人なのか知りませんが
プロフェッショナル審判団が「なにやってるんだよ」と。

衆人環視の中で、あれほど酷い大誤審は許されないでしょう。



湘南ベルマーレイヤー NONSTOP FOOTBALLの真実 第5章-2018覚悟- [DVD]

湘南ベルマーレイヤー NONSTOP FOOTBALLの真実 第5章-2018覚悟- [DVD]

  • 出版社/メーカー: データスタジアム
  • メディア: DVD



タグ:ベルマーレ
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ